list スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
list 2004年3月のShin
たまには画像なしでもいいのさ、そうさ。

思えば4年前、ふとしたことで知った豪州の自閉症専門校。知り合いのご好意に甘えて2002年12月に2週間の滞在、学校訪問。この学校へ入れたいという希望を持って2年間節約と貯金、英語の勉強してきたわ。「豪州へ行く」この事だけを考えてたわ。

そしてやっと2002年10月に豪州へやって来たわよ。元旦那の都合やらで入金が遅れたりしてもなんとか学校へ入学。希望してたABAはまだ受けられてないけど慎も楽しそう。キャンプだって2泊3日で行ったしBirthday Partyだって初めてよばれたわ。「あぁここでやっていけそう」思ったわよ。Aとも結婚したし。なのにここへ来て立ち塞がる壁。それは慎の障害。政府が言うには「慎が豪州で暮らすと将来働けるスキルがなく補助金が$600,000かかるので喜ばしくない」だそうで。それが原因でビザ申請却下されるかもしれないとも。$600,000て。そんなにかかるかっちゅーねん。うちの慎は健康なのよ。病院なんてかかる事ないし。学校の先生だって慎のパソコンの能力を褒めてるし言われたことはすんなりするし何らかの仕事には就けると言ってるのに。こっちへ来て最初に受けた検査なんてあてにならへんやん。慎だって戸惑うし来て早々やったし。今とは違うと思うわ。たとえ働けなくったって面倒見るっちゅーねん。迷惑なんてかけへんわ。

誓約書(将来にわたって政府に福祉金要求しない旨)が必要だというので4枚ビッチリAがタイプしてたわ。豪州に憧れて夢見てここへ来て豪州に要らないといわれたらどないしたらええのさ。障害持ってる子供は要りませんか。それが豪州政府と言う奴なのですか。

首相は毎日シドニーからキャンベラまでチャーター機で通ってるんちゃうの。キャンベラに住むのが嫌だからとか言う理由で。子供が学校行ってる間だけとか言いながらもうとっくに成人してるのにチャーター機通勤やめないのなぜ?無駄使いやん。しかも「やめるつもりはない!」と公言してるのはほんまですか。無駄な金使うならその分他に回せと小1時間問い詰めたい。どこの国でもトップってあほばっか。どないなっとんねん!と吠えてみたのでした。ビザへの道は遠い(* ̄- ̄)ぼう…

Aは「もし却下でも色んな選択肢はある!豪州が駄目ならカナダとかアラスカとか。あそこはビザ簡単らしいよ」と言うけどなんで寒いとこばっかしなんですか。ハワイとか出てこないんですか(笑)

「何があっても僕は慎が好きだよ。政府とか慎の父親が要らないって言っても僕は必要だよ」と言ってくれるAに感謝。

この前珍しく熱出した慎なのですがちょっとした事件が・・・

熱があったので早い目に自分の部屋で寝てた慎。夜10時半ごろ慎の部屋から「バシッドンッバシッ」と聞こえる。

「何事?」と飛んでいくA。私も見に行くと慎はベッドでうつろな目して寝てるし「???」状態よ。でもなんか焦げ臭い!見てみるとTVやビデオやPS2の周りが濡れてる?コップもないし水がどこから来たのかわからない。アンビリーバボーよ。臭いもないし。透明だし。さっきの音は水分でランプのコードがショートして燃えた音やったみたい。

「この水はどこから?」「わからん」でも確かに水浸し。慎は寝てるし。戸を開ける音もしてなかったし。Aはランプのコード引きちぎったり拭き掃除したりしててんけどね。濡れたカードとか見てみるとかすかに黄色っぽい?「え?まさか・・・オシッコ?」がーん!ですわよ。熱でもうろうとした慎がトイレと間違ったのかTVラックにオシッコしてしまった模様(;´∀`) お水ばっかし飲んでたので透明っぽかったし臭いもなかったのね。というかA素手で触ってたし^^; わしも。謎は解けたけどなんかショックよ。そんな事もわからんのかと。なんでトイレと間違うのかと。

「熱があったからだよ」とAは言うけど。ビザの事もあってちょっと落ち込みモード激しいわし。それを見かねたAがジョークとか言うねんけど笑えずぼーっと拭き掃除してたわ。幸いコードが焼けただけでTVもビデオもPS2も無事でした。TVはちょっと分解して乾かしたけどね。ボリュームが勝手に最大音になってたし。乾いてからチェックしても大丈夫でした。慎の大事な3大機器やもんね(笑)

「TVとかビデオは壊れてもまた店で買えるけど慎は買えないよ。感電しなくて良かったよ」と言うA。いやん、後光さしてるんちゃうの。あ、ただ禿げてるだけとか?とかいう冗談も言えるように(ゆうてないけどね、考えただけ)回復したわしなのでした( ̄∇ ̄;)ハハハ しかし「慎が店で売ってたらわし買うかなぁ?」と考えてしまった恐ろしい母でした。
スポンサーサイト
【2004/03/01 21:36】 Ausの生活 | track back(0) | comment(0) |
<< 2004年4月のShin | ホーム | 2004年2月のShin>>
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://aushin.blog23.fc2.com/tb.php/14-e94b0054
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。