list スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
list 発達のとらえ方と促し方1
★発達のとらえ方と促し方★



1<発達のとらえ方>

発達の原理

①連続性:発達は連続的、漸進的な変化である。

②順序性:
発達には一定の順序がある。・這う→立つ→歩く  ・喃語→単語→語文

③個人差:
発達には個人差がある。

発達の成熟説から学習説へ

①成熟説:
発達にとって、自然に生じる心身の変化が重要である。この説では、成熟していないと、訓練や教育をしても効果がないとし、成熟を待ってから教育すべきであると主張する。

②学習説:
発達にとって、成熟よりも学習や経験が重要である。この説では、学習、訓練、環境刺激などによって発達が促されるとし、教育によって発達が促されると主張する。1歳前後までは成熟によるが、その後の複雑な運動技能の発達や大部分の精神発達は、学習や訓練の成果である



発達の領域

①身体・運動:
体格、全身運動、手の運動

②情意:情緒、欲求、興味、意欲

③認知:知覚、記憶、学習、思考、概念

④言語:理解、発語

⑤社会性:集団参加、対人関係、道徳性

⑥生活習慣:食事、排便、衣服の脱着、睡眠、清潔






2<発達水準の査定>

発達検査―主として、子供をよく知っている養育者などによって実施される


①ポーテージ・プログラム:運動/認知/言語/社会性/身辺自立

②遠城寺式発達検査:移動運動、手の運動/言語理解、発語/対人関係/基本的習慣

③KIDS発達スケール:運動、操作/理解、表出、概念/対子供、対成人/しつけ



発達指数(DQ)Developmentail Quotient)=(検査でわかる発達年齢/生活年齢)×100



知能検査―主として、検査に習熟している専門家によって実施される

①マッカーシー知能発達検査:知覚―遂行/言語/数量/記憶

②K式発達(知能)検査:姿勢・運動/認知・適応/言語・社会



知的指数(IQ)Intelligense Quotient)=(検査でわかる知能年齢/生活年齢)×100

(参考)療育手帳の判定基準(IQ)

B2 50~70(軽度) A3 21~35(重度)  A4 36~50+身障手帳1,2,3級

B1 36~50(中度) A1 20以下(最重度) A2 35以下+身障手帳1,2級
スポンサーサイト
【2000/01/08 21:43】 自閉症って? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。