list スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
list 「発達と促すプログラムと教材」1


(1)脳の分化と断層構造
◎外界からの刺激を感覚受容器に受け、脳のあらゆる経路を通って「行動」につながる。
◎外界情報の出入力を果たす役割の各器官の中で、80%は「資格野」が占めている。
 ※「文字言語」が入れやすい。
◎外部情報の出入力を果たす役割の各器官で「聴覚野」が次にあげられる。
 ※「音声」については、聞き取りにくい発音や音声はイラつかせる要因となるだけ。健常者であればたとえ聞き取りにくい発音や音声であっても、
  抽象概念として入り、聞き分ける事が可能な為気にならない。
◎外部情報の出入力を果たす役割の各器官で「触覚野」が次にあげられる。
 ※「クレーン写字」(手が触れていないと書けない)は絶対にしてはいけない。「写字」は自立させる事。
◎小脳について
 ※運動野との関連がある。
 ※抑制作用がある。つまり余計なところに力が入り過ぎないようコントロールする。

(2)早期訓練に必要な「3つの柱」

1.自立歩行(正しい姿勢)
2.着席注視(視座の確立)
3.接食行動(口語)
} 分化と未分化
適応と運動


 ※機能分化とは「手」や「足」を器用に使いこなす事。
 「右手の確立」「左手の補助手」 使いこなすがすなわち「分化」つまり「協応」。使いこなせず関係のない動きをするのが「未分化」つまり「運動」
1.自立歩行(正しい姿勢)
◎「足」を使うという事は、「手」の正しい使い道が分化するという意味で「歩行訓練」は大切である。
◎「歩く」事が基本的訓練。
 ※長時間歩かせないと意味がない。30~40分以上続けて歩く。
 ※同じリズムで歩く。出来るだけ早足で歩かせる。
 ※無駄な会話はしない。(同じ会話を繰り返す事は、常同行動と同じ)
 ※途切れないようにする。(意識レベルを低下させない為にする)歩き続けるという事が次に「制止」の持続へとつながっていく。
 ※集団の中で歩行訓練をさせる事は療法効果がある。
 ※「止まる」時には、ピタッと止まる。(原始反射は止める。EX:ピョンピョン跳び・ぐるぐる回転)
◎足裏反射(つま先歩き・つま先のめくり上がりなどの反射)
 ※「立てない」ではなく「立ち続けられない」(重心が「かかと」になるとバランスを崩す)
 ※自閉症児の多くは、常同行動で「つま先立」が出来るのに、言語指示によっては出来ない。
 ※「足形」を作り、その上で制止させる訓練をするのが良い。「足形」は教材として大変有効であり、意識付けをさせやすい。
◎「座り込み」の際の対処
 ※無理やり引っ張って歩かせる事は厳禁。「歩く」という事への抵抗を作ってしまい悪いパターンがついてしまう。
 ※「座り込み」を始めたら、とにかく気の済むまで座らせておく。「制止」が必然的につらくなってくると、
  自分から立ち上がってくるので、そのタイミングを見計らって、引っ張り寄せてやる。
◎上下不対象な反射
 ※直下を見る行動はかなり難しい。歩く際は下を見て歩くように指導する。
◎上肢の不適当な反射行動に注意する。
 ※首の発達(コントロール)が未熟な為に上肢や腕が不適当な動きをする。両手を揃えて歩いてみたり、
  左右の手足が一緒に出るなどの左右反射がみられる。
◎片足立ちのトレーニングによって、バランス訓練をさせる。
 ※手を持ってもらい片足立ちをする。
 ※手を持ってもらい座ったり、立ったりを片足でする。
◎手つなぎでのポイント
 ※子供に重心を預けるようにして歩いてあげる。
 ※こけた時に子供の手の平が地面に付くよう手をつなぐ。
 ※子供の肩下の位置で手をつなぐ。
◎歩行訓練で「やってはいけない!」項目
 1-途切れさせない(持続訓練)
 2-歩きながらスキップやピョンピョン跳びをしない。
 3-走らせない。
 4-スピニングさせない(余計な行動は止める)
 5-崖っぷちを歩かせない。
 6-先走りさせない。(大人の「」もしくは「後ろ」を歩かせる)
 7-手つなぎの際に、手放し(反射行動)をさせない。
 8-おしゃべりをさせない。(質問に対しては1度だけ答え、繰り返すようなら別の話に切り替える)
 9-リズムを崩させない。(一定のペースで歩く)
 10-下り坂で走らせない。(重心に引っ張られないように、足に重心をかけさせる)
 11-上り坂では、後ろに引っ張られない。( 〃 )

2.着席注視(視座の確立)
◎持続訓練が目的
 ※イスに座ってもいいが、正座が効果的(イスに座っている際に「飛び出し」の行動はタイミング良く止める事)
 ※意識レベルを上げる為の「注視教材」を使う。
  ・注視、摸倣など飽きないように組み入れる。
  ・教材から教材へつなげるタイミングが大切。
  ・摸倣させる際は3秒以内にさせる。
  ・大きな声や小さな声など、音声の変化をつける。
  ・スピードは早い方がよい。
  ・嫌がる事も教材の中に組み込む。---EX:「きゅうりもみ」や「もちつき」など
   (体に触れると嫌がる感覚過敏症)---体に触れて遊ぶ。
 ※注視教材によって注視する事に慣れてきたら、「間」をあけたりして「何だろう?」と考える事も出来るようにしていく。
 ※課題学習へとつないでいく。

3.接食行動(口語)
 ※接食行動を正しく行う事が、「正しい発語」につながる。
 ※接食障害とは、舌触りが過敏過ぎたり、舌の感覚が異常に感知する。
 ※「ちびちび食べ」はやめさせる。
 ※「適量を口に運び、程よく噛み、飲み込む」この一連の行動が大切。
 ※「食べる」というパターンを一度きちんと入れてあげる事で、食べられるようになる。「食べない」というパターンのままでは、次も絶対食べない。
 ※食事においての「手の分化」
  1、左手をふさぐ(利き手でない方)---左右の手の分化が出来ていない場合、まず布巾やタオルなどで縛ったり隠したりして
    完全に「右手」だけに集中させる。この段階では箸の持ち方にこだわらなくてよい。
  2、左右の手の分化が出来ていれば、利き手で箸またはフォークを持ち、補助手で器を持つようにする。
  *食べる行為は持続させる。(意識レベルを下げさせない)
  *食事時間は最短で行う。
  *食事訓練の前段階では「おにぎり」は好ましくない。
  *噛む事が大切。

★食事の場面で見られる特徴について・・・

お菓子を食べる

・自閉症児→ 見る→ 取る
食べる(連動行動) *「取る」という行動と「食べる」という
行動が一緒になってしまう。これが
未分化」「連動」である

・健常児→ 見る→ 取る→待つ→ →食べる
(食べていいのか周囲を見る)
スポンサーサイト
【2000/01/10 21:59】 自閉症って? |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。